インターネットのインフラ整備における光通信技術

光通信でインターネット接続

光通信でインターネット連絡をしていますが、無電LAN連絡をしたいです。読み50m程の事務所内で無電LAN連絡をしたいので、BAFFALOの無電LANルータを買ってきて、光線モデムの後ろ側に連絡しようと思います。が、無電LANルータって、ルータ性能もあるのならば、目下使っている光通信のルータ(NTTのGE-PONというモデル)のLANポートにつなげたら、ルータが五重になってしまい、使えないのでしょうか?

光通信モデムのLANポートに、無電LANルータを連絡して穏やかに使えるのでしょうか?読み50mの間隔(合間に壁等は無し パーテーションのみあり)程でしたら、一戸建て用というアンテナのついた無電LANルータでなくとも、もっと安いモデルでも大丈夫でしょうか?光通信のインターネットを電線から住まいに引き込む端、外壁に一定の金物を取り付けていますがNTT西日本はビス穴ぼこに除霜処分は行っていません!NTT西日本に問い合わせた地点、受け持ちの連は除霜処分の決まりはないので行う入用はないと言っていました。

ですが、そのビス穴ぼこから雨漏りしたら築造会社も保障会社も保障の対象外になるそうです。このような工務を行われている住まいは相当の分量あるのでは?au光通信のインターネットに変更した為KDDI-IP電話となり、それまでBBフォンで無料だったのにショックです。当方がプロバイダを変更するのですが、ADSLでIP電話が無料となる安価なとこを知りたいです。auの人にBBフォンでも無料と言われたような「気がして」au光通信のインターネットに変えたらしいです。

光通信の発展と株式

本日(1/25)前引段階で、5千5百万株の出来高です。先週に比べると1割しか出来てません。1円で買い、3円で売れたら3倍の利益です。それを何度も繰り返せたら、かなりの利益になります。しかし、整理ポストに入った銘柄を購入したときには、即日入金です。仮に、1円で1000万株が買えたら、当日に1000万円を入金しなければなりません。3円で売れたら、3000万円弱(手数料を引かれる)の入金は売却した日から4日目に振込まれます。

即日入金で、4日後振り込まれるというと不公平だと感じるでしょうが、差金売買の禁止という法律があって、同日に売買を完了しても差額だけ受取るということはできないシステム(法律)になっています。

光通信でインターネットで株をやる場合、日経平均株価、証券会社A、証券会社Bの画面を1台のパソコンでリアルタイムで表示することは可能なのでしょうか?リアルタイムで表示したい場合、1台では不可能なのでしょうか?初歩的なことを聞いてすみません。よろしくお願いします。

日経平均をリアルタイム表示するのはどこのネット証券でもできると思うので、質問の内容は、複数のネット証券を同時接続できるかって事ですね。「1台で出来ます」1画面ならウィンドを切り替えながら使う事になります。普通はトレーダーは、1台のPCに画面を2個接続して使ってる様子。デュアルディスプレーっていう使い方です。

今後の株式における展望

FRBが量的緩和策を行っているという物事が大きく間柄しています。どれにより取引所にお金が出回り債務や新興国に雅量の元金が回っています。アメリカに悲観論が出にくいと言うより、むしろ日本人が悲観論や謀略論が大好きだと言う物事でしょう。マスコミについては解りませんがパトロンの意志は映ずるされていると考えます。

真っ正直言うとアメリカは日本や中郷里に国債を持たれる物事を屁とも思っていません。無効にする手立てや移出させてやってるんだから国債を買えと言う暗黙の承知もあったと考えます。この辺は中枢金銭たる強さです。もちろんそのバックにはアメリカという郷里の他郷里に対する勢力の強さや技術力・軍事力なども大きく間柄していると考えます。

私は移民逆様派ですが移民の良さは正にそこらでしょう。移民の方は安い給料で働け、教養のある方は良いカンパニーでそして金融で儲ける。そして元々住んでた方達が良い考えを出来る。もちろん失った物品も大きいでしょう。

むしろ日本のGDPが上がらなかったのはバブル瓦解先 量的緩和策を行うのではなく緩和縮小奴向に走り、尚且つ消費増税により消費を落ち込ませた物事に大きく問題があったと考えます。中郷里理財に関してですがピンチを感じるべき句読点が非常に多いのが現状です。あれに対する決着手段はあるのですが中郷里共産党がその対処が出来るかどうかは疑わしい場所があります。只今の場所全く対処出来ていないのが現状です。その為、4~5年先本格的に厳しくなる物事が予測されます。

外交面に関しては何を考えているのか解り難いですが近ごろのアメリカの対処を見てきてオバマ大統領の中は大方しくする物事はないと考えます。その先は往時の中郷里外交に戻れば良いですがもし只今のままの様子を推し進めればいずれ他郷里とぶつかる物事も予測されます。

日本にとっては尖閣よりも只今はむしろ南シナ海の国権が万全に中郷里に渡る物事の奴が問題だろうと考えます。日本の原動力の約8割が南シナ海を通っておりもし中郷里が万全に掌握すると原動力経費は増殖し大きな理財的損害を被る蓋然性があります。

ただフィリピンにはアメリカが近ごろ、出張ってますし只今の場所中郷里が右方に転んでも左方に転んでも非常に辛い立つ瀬にあるのも現実です。もしアメリカが万全に南シナ海に対して知らん振りを決めたところは非常に用心が入り用で日本が周縁列国と連携を取らざる得ない物事になるかも知れません。


since2010 © Dandalf the Dragon